ミニ音楽史41!!!

リストの音楽史においての功績は、交響詩を創始したことにあります。
交響詩は詩や文学作品などから文章を引用し、メタモルフォーゼという主題・動機を変化させ、曲全体に用いる技法を使用して、標題的性格を強調し、その音楽の表現したい内容を聴衆が捉えやすいようにした音楽スタイルです。交響曲と違い、形式的に自由で、標題性も自由に盛り込むことができます。
また、リストは指揮者としても卓越しており、近代の指揮法の道を開いた重要な人物です。そして、無名な作曲家の作品を世に紹介し、彼らを援助していました。
つまり、リストは近代音楽の幕開けに尽力した人物と私は感じています。
それでは、また次回!!

声楽、ピアノ、イタリア語、英語のレッスンは、ぜひアリサカスクールへ!!!!!
目黒教室、上越教室ともに随時生徒募集しておりますので、お気軽にお問合わせください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP