作曲家 アントニオ・ヴィヴァルディ6

Non so se la storia è vera, ma sembra che lui fosse cagionevole.

Alla prossima
😉🌟

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP