ミニ音楽史26!!!!

今日はロマン主義音楽の大作曲家ロッシーニ(1792-1868)ついてお話します。
ロッシーニは1892年に歌劇「ウィリアム・テル」を作曲したのち、37歳という若さで歌劇作曲活動をやめました。残りの40年近くの人生は、ミサ曲のような宗教曲やピアノ小曲や歌曲などを作曲して過ごしました。
ロッシーニは若くして、その名声を得て、ヨーロッパのどこに行っても、称賛の声を浴びせられる人気者でした。その彼がなぜ若くして歌劇作曲家を引退したのかは明確にはわかっていません。ただ、いくつか理由は考えられます。
それは、また次回、ciao ciao!!!!🌟😊

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP